裁判所の正体 瀬木比呂志✖清水潔 を読む(3章)

 この章では、裁判そのものについて話し合われている。裁判は民事裁判と刑事裁判があり、民事裁判には、いわゆる民事訴訟があるが、行政訴訟なども民事裁判に含まれるという事を初めて知った。

 現在の裁判は、とうてい理想的な物ではなく、裁判のスピード化が求められて和解が押し付けられたり、判決も、取り上げられた問題を裁判官がじっくり考えて出す様なものにはなっていなく、勝たせたいと思う当事者の出した書面を適当にコピーアンドペーストして判決文を仕上げる様な事をする裁判官もいるような状態だという。

 また、刑事裁判と民事裁判は、日本ではそれぞれ専門に行う裁判官が決まっていて、その形も問題だが、特に刑事裁判専門の裁判官は問題が多いという事で、それは次章の内容につながっている。

 裁判員制度もアメリカの陪審員制度などと比べると似て非なるものであり、問題が非常に多く、市民の裁判参加の方向は良いのだが現在の日本の実際の姿ではダメである事が書かれている。
 アメリカの陪審員は裁判官は資料を用意するだけで、有罪か無罪かは陪審員の全員一致で決める。量刑は裁判所の方で専門的に決めるという。日本は裁判官が複数参加で有罪無罪は過半数で決め、その経過の守秘義務は極端で、守れなかったら裁判員が罪に問われる制度であり、「裁判官が有罪にしたがっていたみたいだなあ~」などとでももらせば罪に問われる厳しさだという。
 現在のままでは、裁判員に選ばれたとしても断った方がよさそうだなと思った。

 3章の最後に、イギリスの童話「不思議の国のアリス」の最後の部分に、裁判の場面が、けっこう詳しく書かれている事が、瀬木氏により紹介されている。
 そこを途中からコピーすると

『 清水 ずいぶん裁判の話ばかりなんですね。タイトルからは考えられない。
  瀬木 はい、それから、最後に、裁判長をやっているハートの王様は面倒な裁判を早く終えたいものだから、「早く陪審員に評決させよ、評決させよ」と言う。と、女王が、「いや、刑の言渡しが先、評決は後じゃ」というわけです。もちろん、本来は、陪審員が「評決で有罪無罪を決めて、裁判官がそれに基づいて刑の言渡しをやるのですが、女王はこれをひっくり返して、ナンセンスなことを言う。するとアリスが、「先に言渡しをするなんてばかげてるわ」と言って、それでトランプをひっくり返して、そこで目が覚める。
 清水 今までうかがった話に置き換えると、ものすごく当てはまるものがある。
 瀬木 この童話がいつ出版されたかというと、1865年、日本では、まだ江戸時代なんです。明治時代の直前ごろに書かれているんだけど、そのころのイギリスの上流の小学校低学年の女の子は、明らかに、今の話ぐらいの裁判に関する知識があった。あるいは少なくとも理解できたんです。「不思議の国のアリス」は、キャロルが、知人の娘であるアリスのために書いたもので、アリスは、キャロルの一番のお気に入りでしたから、もちろん、賢い少女だったのだろうと思いますけど、それにしても、今の日本で、この童話の中のアリス程度の知識がある子供というのは、小学校高学年でも少ないでしょう。まあ、中学生ですよね。だから、皆、子供のころにこの童話を読んでいても、裁判の部分は忘れちゃう。感覚がないから。
 つまり、そこが、日本の近代の「厚みの不足」ということなんです。日本の子供がアリス並みの法的リテラシーを獲得するには、まだ何十年もかかるでしょう。そうするとイギリスとの開きはある意味では、ざっと180ないし200年かということにもなるわけです。少なくともそういう部分では。
 清水 日本だったらお白洲で、市中引き回し、はりつけ、獄門という時代ですよね。
 瀬木 まさに大岡越前、遠山の金さんの時代に。もうイギリスでは、裁判官というものは国民を代表して~ (略)
 清水 (略)
 瀬木 そうですね、イギリスでは裁判の歴史は、ある意味、人々が王権に対して少しずつ権利を獲得してゆく過程そのものですからね。~』

 これを読んで日本が遅れている事が実感させられるのだが、文科大臣が『教育勅語』を大臣室の壁に飾っているような現在では本当に200年くらいの文明の遅れが出ても仕方ないだろうな。