「徴用工の真実」 早乙女勝元著 その一

1.jpg
 現在問題となっている韓国の徴用工について知ろうと思い、読んだのだが、この本は中国人の徴用工の話であった。しかし、この本にはその話と、韓国のジャンヌ・ダルクと言われている柳寛順(ユグヮンスン)についての話に関連して朝鮮人慰安婦なども少し触れている話、その2つの内容であった。
 従って、今、問題となっている『韓国の徴用工』についての直接的な知識を得る事は出来なかったが、どちらも実際にその体験者に会ったり、現地を訪れて調べた事を元に書かれている。「徴用工」とはどんな物か、や韓国と日本の歴史を調べて行く取り掛かりには充分なる本だと思える。

 まず、『徴用工』の方だが、これは、劉連仁(リュウリェンレン)という中国人で、戦争中、『徴用工』として日本に連れて来られ、北海道の炭鉱で働かされ、そこから逃げ出して、終戦になっても気づかず、13年間北海道の山野を逃げ回って見つかり中国へ帰る事が出来た人の話だ。その人を助けるのに関わった北海道華僑協会の人や、中国へ行って劉連仁の家族、本人に会って取材して書かれたもの。
 「徴用工」の実態がしっかりと書かれている。

 この本を見て、私は大学時代に「茨木のり子詩集」で、この人の事を書いてある詩を読んだことを思い出した。ウイキペディア「茨木のり子」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%A8%E6%9C%A8%E3%81%AE%E3%82%8A%E5%AD%90
その詩は、「りゅうりぇんれんの物語」という物。

 今、手元にその詩集は無いので、ネットで調べてみると、
「茨木のり子りゅうりぇんれんの物語」で検索すると、その長い詩、全文が載っている詩のブログや、この詩を朗読している動画、など色々と出てきて、これだと確認できた。
 これは、知っている人たちにとっては有名な話なのだろう。

 さらに、ネットを調べると、
「生きる 劉連仁の物語」森白智子著 童心社という本がある事が分かった。これは児童書であり、この茨木のり子の詩をきっかけに、さらに児童にも伝えたい事があると書かれた物のようだ。これもいずれ読んでみようと思う。
 
 こういったように、まじめでまともな色々な出版物などが多くあるのだが、それが一般の人に知られていない。変な嫌韓本のような本が書店にもあふれ、大量にアマゾンなどの広告でも上位に出ている。私がこのブログを書いているが、同様な変な広告が私のブログによく載って来る。どういう所からそういった金が出てくるのだろうか?
 そういった世相が本当に問題で、よく「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉を聞くが、本当に現在の状況を現している。

「徴用工」について、もう一つ若い頃、読んだ記憶があるのは、本多勝一の「中国の旅」だ。これは手元にあったので、調べると、「11 強制連行によるドレイ船の旅」という章で、かつて、中国で捕まって徴用工にされた中国人の崔振英という人に取材したものが載っていて、この劉連仁と同じ『徴用工』とはどのような物かが、本人のインタビューで明らかになっている。

 ドイツでは、ナチスによるユダヤ人の強制収容や強制労働、大虐殺が良く知られているが、日本でも結局、ドイツのように機械の様な秩序を持って恐ろしい事がなされたという感じではないが、政府の「労工狩りの閣議決定」の方針に基づき、そういった「ドレイ労働」とも言って良い恐ろしい事が行われた。
 働けなくなった者はガス室へ、という物では無かったが、日常的による虐待や、栄養失調、などによる死は、ナチスと同じような残虐な事をしていたのだが、その事をドイツ人と違って、日本人はぼんやりとしか知っていない事にあらためて気が付く。
そこに根本の問題があるのだろう。

 この本から引用すると、
『1931年9月、いわゆる「満州事変」からはじまった日中戦争は、37年7月盧溝橋の銃声を契機に、全面戦争へと突入する。戦争が長びくにつれて、出征していく男たちが急増し、国内での労働力が激減していった。
このため政府は、38年に「国家総動員法」を公布して、戦争に必要な人的・物的資源の統制運用に踏みきらざるを得なかった。戦争遂行の目的で、国民生活のすべてが統制下におかれたわけだが、そのエリアは国内だけにとどまらなかった。まっ先に狙われたのが、植民地だった朝鮮半島で、39年9月から、朝鮮人労働者の動員計画が具体化する。
日中戦争が泥沼にはまったままで、太平洋戦争にまで拡大した42年11月27日、東条内閣は「華人労務者内地移入ニ関スル件」を閣議決定した。
すでに、中国東北部では日本軍が接収した工場や鉱山で、「労工狩り」「兎狩り」による徴用工の強制労働が先行していたのだが、いまや公然と国家政策になったのだった。』

 朝鮮半島はすでに日本の植民地であった訳で、戦争状態の中国の人と、朝鮮半島の人とは待遇など違っていた事は考えられるが、その辺りの事はこの本では分からない。
 次回は、この本に出ている話など実際の例をもう少し紹介したい。


 

猛暑に思う

  連日の猛暑、ところが今年の夏は『電力不足の危機』などという事は全く言われなくなり、もっぱら「韓国への非難」ばかりである。

 太陽光発電が増えてきた事、電気製品の節電性能の高まり、節電意識もある。太陽光発電がここまで広がって来る事は政権の冷たい方向にも関わらず、世界の大勢なのだろう。ネットを見ると、大口の自家発電が増えていること、原発が再稼働している物がある事(部分的な場所の話だと思うが)などが原因のようだ。

 「原発再稼働」に向けて、夏の電力不足が声高に煽られていた時の事を思い出してほしい。
 様々な、論調が、原発が無いとやっていけない、日本はだめになる、などと騒ぎ立てていた。その後、アベノミクスの重要な矢とされていた海外への原発輸出は全滅した。
 全く原発など必要が無いのだ。原発再稼働をしてしまった九州電力などが、太陽光発電を制限するような話がしばらく前に出ていた事も思い出される。

 要するに、どう考えてもこの地震列島で「日本滅亡」のリスクを背負ってまで、たかが電気のためにこれからさらに「原発再稼働」などという事はいかに馬鹿げている事かを肝に銘ずるべきだ。

 同じように、現在の「日韓問題」も同じく全く馬鹿げた事だ。というかまともな大人ならこんな事はしないだろう。
現政権が何か自分たちの利益のために(自分たちの政局を有利にするために)大騒ぎで国民を煽っているだけであり、これが後、2,3年もすれば、安倍政権はすでに倒れて、「あれ、この頃、日韓の問題はあまり聞かなくなったなあ~、今年の海外旅行は韓国へでも行ってみるか。」などとなる事に違いない。

安倍政権の世論誘導成功?

 安倍首相の支持率がここにきてグンと上がったとNHKの世論調査が伝えている。
 これは、今、問題となっている韓国とのもめごとで強硬な姿勢をとっているからなのだろう。その現政権の姿勢を良しと感じている人が大勢いるという事なのだろう。

 日本は、韓国への輸出規制を韓国の徴用工問題に対する報復でやっている訳だが、『徴用工』について自分でも良く分かっていないので、何か参考になる本は無いかと、アマゾンで、『韓国 徴用工』と打ち込んで本を検索してみると、1ページ目から、韓国が間違っているおかしな国で、日本は正しく、良い事をしてきた、している。という論調の本がズラッと出て来る。

 例えば、「韓国への絶縁状:変見自在セレクション」・「でっちあげの徴用工問題」・「韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択」・「徴用工と従軍慰安婦 韓国、二つの嘘」・「「徴用工」の悪心」等々。韓国人が韓国を批判したような本もあるようだ。
 かの百田尚樹の書いた「今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~」などという本もある。

 読んだわけではないが、カスタマレビューなどを見ると、特に歴史的な背景をしっかり追って書かれたというより、歴史の現象をつまみ食い的に利用したり、現在起こっている問題についての安倍政権寄りの主張を応援し、韓国を嫌いになるように持って行く内容に思えた。
 一体、こういった本を発行する資金源はどこから出ているのだろう。

  そのような政権寄りでないものは、検索の最初のページの方には、とても少ないようだ。赤旗編集局の「韓国・朝鮮植民地支配と日本の戦争―三・一独立運動100年から考える」という本が何となくまともな事が書いてあるのだろうな、というくらいだ。

 さらに検索していったらこの本が出てきた。

 『徴用工の真実』-強制連行から逃れて13年― 早乙女勝元著

 著者が『早乙女勝元』といったら東京大空襲について本を書いた作家で有名だから(読んだことは無いが)ちゃんとした本だろう。これなら気軽にも読めそうだと思い、購入してみた。

 評論家や学者?で無く、作家(児童文学の作家でもある人らしい)なので、読みやすく、「徴用工」とはどういう物か。また韓国の人の日本へのイメージがどういう物か、そのわけについてもよく納得できるものだった。
 「徴用工」とは何か?なぜ韓国の人は、あのように日本に怒るのか? 本当に韓国はおかしな国なのか?
 そんな事に疑問を持つ方々が読んでみたら良いのではないか。
 内容については、もう少し詳しく読んで紹介していきたい。

NHK ETV特集 10日の広島特集の内容が凄そうだ

 昨晩(3日)の事、夜寝ようとして、歯を磨く時間にちょっとテレビを見ようとつけて、チャンネルを回したら、NHK・EテレのETV特集で、「あの夏を描く高校生たちの広島」という番組をやっていた。広島の高校生の美術部員?が被爆者の体験を聞いてそれを絵画にするという活動のようだった。よくある平和教育の話か、とそれほど期待せず少し見ていた。二人の女子高生を主に追っているようだったが、彼女らの取り組みと真剣に悩む様子に次第に引き込まれていきずっと見続けていた。

 今日、あらためて番組HPを見ると、このような物。番組HPからコピー。
『広島市内の高校生が、被爆者の証言をもとに絵を描く活動を続けている。写真や映像がほとんど残っていない原爆投下直後の惨状を克明に描いた絵。その数12年間で約140枚にのぼる。番組では「原爆の絵」の制作に挑んだ女子高校生たちに密着。戦争を知らない世代が、74年前の想像を絶する惨劇と、原爆がもたらした「心の荒廃」をキャンバスに表現するという難題に挑む。被爆者と何度も対話を重ね、試行錯誤した姿を追った。』

 被爆者の話を聞き、それを基に絵を描き、満足できる物が出来ない、彼女らの内面の動き、若々しい感性がすばらしく、もちろん技術的にもレベルが高く、苦闘した作品の出来に、被爆者たちも満足したり、涙を流している人もいた。
 
 最初から見ないので分からないが、番組紹介を見ると12年間も続いている活動のようだ。指導する顧問?の先生がちょっと写ったが白髪の先生であった。番組の最後に12年間に描かれた作品が全部写された場面が出てきたが、壮観であった。ただ自分の想像だけで描いているのではなく、被爆者との交流から生まれた作品は力を持っているように感じられ、教育としての活動を突き抜けているように思えた。

 この番組も、もちろんとても良い番組と感じたのだが、この番組の中で、制作に行き詰る生徒たちのために顧問の先生がある映画を見せる場面が後半で出てきた。
 それは、敗戦後間もなく作られた映画で、被爆者自身も出演している映画だという。白黒のその映画が少し写されたが実際の被爆当時の感じが非常に出ているような迫力ある画面であった。見ていた生徒の中にはショックで発熱して寝込んでしまうくらいで、その後の制作活動にその衝撃が如実に生かされている様子も番組で描かれていた。

 そして、番組の後や、今日、ETV特集の予告などを見て見ると、その映画自体の事が、来週の土曜日、8月10日のETV特集で放送されるようだ。
 昨日の番組の最後にも、オリバーストーン監督が、「これは絶対に見るべき映画だ」と述べていたのも印象的だった。

 今の世相は、全く、北朝鮮がミサイルで来たら、日本も核武装を、などと平気で言い出しそうな状況だ。
 このような映画が、何も無い、苦しい生活の当時の人々の力によって作られたという事は、それこそ重要な事で、日本人の誇りにもなる事だろう。我々もぜひどんな映画なのか、知らなければならないと思った。

 ETV特集 8月10日(土)午後11時~午前0時
 『忘れられた“ひろしま”~8万8千人が演じた“あの日”』
 番組紹介HPからコピー
『原爆投下から8年後。広島で空前絶後の映画が製作された。タイトルは「ひろしま」。撮影に参加した人の数は8万8千人。日本映画史上、最大級のスケールを誇る。原爆投下直後の広島で何があったのか?被爆者たちが自ら演じて再現している。この映画は、ベルリン映画祭で入賞。国際的な評価を受けた。しかし今、この映画の存在はほとんど知られていない。いったいなぜか?そこには、時代に翻弄された映画の知られざる事情があった。』
 というもの。
 これは見落とせない番組だと思う。

 8月15日(木)にも再放送で、午前0時から午前1時に放送される。だから14日の夜中という感じの時になるのか。

 

山本太郎 選挙後初めて街頭演説 1日夜、新宿での内容 

 長周新聞が、選挙後の先日の1日夜、新宿での街頭演説を行った山本太郎の演説の全文を掲載して読めるようにしている。

 動画なども出ているのだと思うが、詳しく文字で見たい方、こちらに全文が掲載されている。
https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/12617

 長周新聞は、「れいわ新選組」を選挙中から支援して報道をしていた。
 長周新聞 ウイキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%91%A8%E6%96%B0%E8%81%9E

 良く見ているジャーナリストの本澤二郎という人のブログにも、選挙中に、長周新聞について、このような文章を載せていた。
 https://ameblo.jp/honji-789/entry-12494926338.html
 
 

NHKスペシャル 香川照之の昆虫やばいぜ を見て

 以下のような番組 番組紹介のHPから『コピー』

『「人間よ!昆虫に学べ」をテーマに、カマキリ先生(カマキリに扮した俳優・香川照之さん)が虫を求めて野原を駆け回り、ほとばしる昆虫愛を語る人気番組、「香川照之の昆虫すごいぜ!」が、Nスペに進出!昆虫と私たち人類の未来に迫る。
カマキリ先生は、生物多様性の聖地・コスタリカへ。宝石にしか見えないコガネムシ、ありえない虫・ツノゼミ、少年時代からの憧れ・モルフォチョウ・・・、魅惑の昆虫たちを前に、大興奮のカマキリ先生。しかし、そんな昆虫王国にも人間による開発や温暖化による異変が忍び寄っていることを知る。そこで、世界の昆虫の“今”を大調査。日本では昆虫が激減。ドイツでは、8割近い昆虫が減る異常事態が進行中で、花や鳥まで消えた沈黙の世界が広がっていた。研究者の間では、「あと100年で昆虫は絶滅する」とまでいわれ、人類滅亡を招く恐怖のシナリオ=「昆虫カタストロフ」が現実になってもおかしくないという。一方、最新の研究からは、北米のオオカバマダラが羽を大型化させ、進化によって、気候変動に対抗していることが判明!もしかしたら、本当に“やばい”のは昆虫ではなく人間なのかもしれない。カマキリ先生とともに昆虫に驚嘆し、胸を熱くし、子供たちが大いに学べる夏の夜をお届けする。』

 番組紹介など、この2,3日テレビに出ていて、「夏休みお子様向け番組」なのだろうなあ~、と思っていた。それでもコスタリカでの昆虫採集とはどんな様子か、ちょっと興味があったので途中から見ていた。

 すると、途中のこの部分の内容の所になった。
『しかし、そんな昆虫王国にも人間による開発や温暖化による異変が忍び寄っていることを知る。そこで、世界の昆虫の“今”を大調査。日本では昆虫が激減。ドイツでは、8割近い昆虫が減る異常事態が進行中で、花や鳥まで消えた沈黙の世界が広がっていた。研究者の間では、「あと100年で昆虫は絶滅する」とまでいわれ、人類滅亡を招く恐怖のシナリオ=「昆虫カタストロフ」が現実になってもおかしくないという。』

 このことについて、良く言われているような事なのかな、「まあ、そういってもそれほどの事は無いだろう、熱帯雨林のアマゾンやボルネオなど問題なのだろう」などという気持ちがあったのだが、この番組を見ると、これは昆虫学が古い歴史を持っているドイツの研究が紹介され、本当にここにきて急激に昆虫が減少している事が示されていた。このままでは本当に「あと100年で昆虫は絶滅」となりそうな気がした。そしてそれがヨーロッパやアジア、アメリカなど世界中で同様の減少が見られるという事だ。

 その原因として、開発などによる環境の激変、温暖化、農薬、などの事が並行的に示されたのだが、番組でも香川さんが「農薬が・・」とちょっと口走っていたが、この急激な現象はおそらく農薬が一番大きな原因なのではないのか?という気がした。
ミツバチの神経系が狂ってしまい巣に帰れず死んでしまうというネオニコチノイド系の農薬の問題が世界的に出ていたのだが、もしかして、現在、流行っているそういった低毒性と言われるような農薬が、大きな原因なのではないか?
以前、こんな事をブログで紹介した。
https://js30.at.webry.info/201805/article_9.html

番組では、昆虫が絶滅したら、生態系が次第に滅び、人間も生きて行かれないという事を子供にもわかるように説明していた。

ネオニコチノイド系農薬ばかりでなく、農薬や他の用途に使われる化学物質は、人間にとっては、直ぐに死ぬような害では無いのだが、次第に同じ生物である人間も、昆虫と同じように人間存在の重要な部分に作用して、取りかえしのつかない害を与えるのではないか。「沈黙の春」や「奪われし未来」で警告された事は、部分的には一部は禁止されたりして対策がとられたのだろうが、それが出版されてからの後の時代、そこで述べられた問題が、根本的に解決されたわけではない。その証拠に、それ以後の世界で、このような昆虫の大量死がさらにひどくなったり、人間についても同じ傾向が続いているのではないか。
 番組では、子供向けという事もあり、明るい未来もこじつけのように最後につけていたが、開発、農薬、などについて深く鋭く切り込んで考えていくと、暗い未来になるが、そういった内容のテレビは暗澹とした気持ちになり、見たくなくなるので作れないのだろうか。

 韓国ともめ事になって、そんなことが一番大きなニュースになっているようでは、国家的規模の災害や、人類史的な問題が起こってきている現在、本当に「小学生レベル」の政治と言える。
 
「れいわ新選組」では辻村ちひろ、という候補者をたてて政党の方向としても環境問題が重要だと訴えていた。国会から身体障碍者の問題が大きく進みそうであるとともに、色々な分野で進んだ政策をかかげてくれそうで、こういった政党に本当に日本を任せたいと思う。
1.jpg
 わが家の庭の小菜園では、もちろん農薬は使っていない。なので、マメコガネなどの害虫は手で取ったりしているが、小さい畑なので、そういった事が可能である。今朝の収穫。 
 翌日の収穫
1.jpg
 その翌日の収穫
2.jpg
 今年は、耕運機で人に耕してもらったりしたせいか、ちょっと追肥をやったり、虫取りもちゃんとしたせいか、まあ人並みの家庭菜園の収穫になっている。7月下旬から8月にかけての夏野菜の自給率は60%くらいにはなっている。後30%は人にいただいたりするので、10%くらいを買っているくらいだ。もっともこれは夏野菜シーズンだけの話。後は作っていない。
 藻谷啓介の「里山資本主義」や、最近多くの人が見ているテレビ「ぽつんと一軒家」に良く出て来る人などのように、コメなども作ったり、ほぼ一年中、野菜などを自給できたら、どのくらい豊かで満ち足りた気持ちになる事だろう。そんな生活に近い方はけっこういる事だろう。少しでも見習いたいものだ。