こういう政権を選んだのは国民

 毎朝、羽鳥モーニングショーというのを半分ぐらい見て、新型コロナの情報を手っ取り早く得ているのだが、先日も書いたニューヨーク州の事とか、国や都が動かないので、世田谷区長が児玉教授などのアドバイスを受けて大規模なPOR検査を区としてやっていくというニュース、東京都医師会の会長が、国は何をやっているのか、早く国会を開いて法律を変えて、きちんとした対応を取り、ちゃんと検査とかコロナ専用の病院を作ったりなど、まともに動けと怒りの会見を開いた事、などが伝えられていて、番組のコメンテーター達も、「ずっと我々もこの番組で言い続けて来ている事が、全然前に進んで行かない」と怒りや嘆きを毎回,言っていて、見ている私も、もう「どうとでもなれ」と言う感じで適当な所でテレビを消すのだが、本当に、この国では、どうしてまともな事がまともに出来なくなってしまったのだろうか?

 経済、経済、と言っているが、最初から果断に根本の所、「検疫とか、POR検査とか、病院態勢の整備とか、そういった関連のところ」に集中的に力も予算も国が注ぎ、皆が取り組めるような体制を作っていけば、結局、それが感染拡大を防ぎ、経済をも元に戻していく事になるのに、とだれでもがイライラしていて、けっきょくまたこの感染拡大である。

 今日のモーニングショーでは、「憲法改正で、緊急事態条項を入れ、緊急事態にすぐ国会が開けて取り組めるようにするために、憲法改正と騒いでいた訳だが、今こそ、緊急事態ではないのか、なぜ今国会を開かないのか、開けないのか、いかに言っていた事が出鱈目かわかる」とコメンテーター達が怒っていたが、本当にその通りだ。

 そういう「何もやる力の無い亡国の政権」を選んだ国民が、そのつけを結局かぶらなければならないのだろうか。