8日 NHKニュース 杉尾秀哉議員の質問を完全にスルー

 今日、TBSの夕方のニュースを偶然に見ていたら、参院の予算員会で、杉尾秀哉議員が、質問に立ち、先日、辞任した河合法相の、妻の河合案里氏(現自民党参院議員)が選挙の時に現金を自民党の県議に配ったというような事で追及しているのが出てきて、「これはひどいものだなあ~」と思って見ていた。
 これはもう確実に河合議員は議員辞職なのではないか、と私は思った。

 ところが、NHKの夕方の7時のニュースも、さらに9時のニュースウオッチ9にも、この重大な質問の場面は取り上げられなく、前にも出た萩生田大臣の英語試験などへの質問を延々と放送していた。
 これは、全く問題の軽重をわざと取り違えた放送であり、まったく国民の意識とズレた物だ。NHKのニュースは全くおかしい!

 ネットに出ていた立憲民主党のニュースを見るとこの質問内容がちゃんと出ていた。

『~ 杉尾議員は冒頭、自民党の河井案里参院議員(広島選挙区)が今年4月の広島県議選の期間中に現金を持ってきたと、複数の自民党県議が証言したとする、同日の一部メディア報道の記事に言及。「公選法が禁じる買収の申し込みや寄付行為に当たるのではないか」と尋ねたところ、高市総務大臣は、「一般論として、公職選挙法が禁じる買収・寄付があり、候補者を当選させる目的で有権者や運動員に金銭・物品を渡すことを禁じている」とこれを認めました。杉尾議員は、河合議員の夫である河合前法務大臣が辞任した本当の理由はこれではないかと迫り、事実関係を確認するよう安倍総理に求めました。~』

 私も含めて大半の国民は、国会討論など見ていない。
 「チコちゃんは知っている」などの番組で、いかにも国民が知らない事を教えてあげているみたいな番組に力を入れているが、どうでもいいような事をいくらちゃんと知らせてもダメだ。

 本当に重要な事を黒塗りせずきちんと国民に知らせないと『公共放送』にはなりませんよ!