無駄金を使う政権に防災を任せられるか

 今回の水害は予想以上に広がりを持っていてまだ被害の全容もはっきりしない感じだ。
 死者、行方不明者も大勢出ている。
 長野県だけでも被害総額は1297億円と地元紙に出ていた。

 西日本の水害の時は、離れていたせいか、私はちょっと他人ごとの感じがしてしまっていたが、今回は身近な場所で、地球温暖化もいよいよ大ごとになってきたなあと感じる。

 そんな今、思い起こすと腹立たしくなる事に、「J―アラート」のシステムがある。
 北朝鮮のミサイルにそなえて、全国にそういったシステムを作らせて、何度か実際に鳴らして危機を煽ったり、戦時中の消火バケツリレーにも匹敵するようなお笑いのような避難訓練などもやらせて、選挙前には『国難・日本を守る』などと叫んでいた事を思い出す。
 何が、国難だ。
 そんな予算やエネルギーがあったら、もっと自然災害に対する防災の調査、研究に予算をつぎ込むべきだという事は、今日になればだれもが気が付くだろう。
 今朝も、堤防決壊の長野市で、避難指示の放送以外に、『半鐘』を消防団員が鳴らしたのが避難に有効だったとテレビ、新聞で伝えていた。
 Jーアラートなど、この国難にどこに役に立ったのか。

 今回の人的被害が福島県や宮城県で多いのは、色々な状況があるのだと思うが、東日本大震災や福島原発事故の復興もせねばならないため、普通の大雨対策といった方に予算が回らなかったり、注意も向けられない事もあったのではないか。
 また、さらに東京オリンピックの準備のために工事関係者が東京へ行ってしまい、色々な面でそういった防災工事が手薄になってしまっている事もあるのではないか。

 増え続ける軍事費、先進国中最低の教育費、原発再稼働の政策、等など、日本の将来は大丈夫だろうか。

 今回、被災地に若い方々が被災地の力になろうとボランティアにどんどんと行く様子が放送されている。
 そういった志の高い若い方々に、今後の日本の防災のため、日本の国の政治的方面もしっかりした目で見て、変革していく力を発揮してほしいものだと切に願う。