東北信の水害 交通の復旧

 長野県の高速道路の状況は、今朝、7時現在、上信越道の佐久から松井田妙義までが通行止めとなっているだけで後は、全部通行可能となっている。

 また、新幹線も長野~東京間は、1時間に一本程度折り返し運転されるとニュースで伝えていた。長野~富山の運転はまだ再開は見通せないという事だ。

 テレビの映像で見る限り、千曲川の水流は、グンと減り、普段の少し雨の多く降って増水した時くらいの水量になっているように見える。

 長野市の堤防決壊した場所の様子もテレビの望遠の映像で見る限り、水が決壊場所から流れ込んではいない感じだ。水もかなり減っている感じだ。
(*「山岳巡礼」の根橋さんのお宅は、そこまでは水は来なかったという事で、普段通りの生活を続けていたという事だ)

 上田市の千曲川の決壊が心配されている場所も、水量が減ってきたので多分、大丈夫なのではないか。

 長野市で、昨日、避難要請があった人を助けたというが、助けられた人は600人以上いたようだが、避難要請があってその後、連絡がとれなくなった人が8人いたとテレビで報じていた。単に電池が終わって連絡が取れなくなったのならいいのだが、まだ状況は分からないという事だろう。

 午後から雨が降る予報だがあまり強くは降らないようだが、早くやんでほしい。
 現在の上田市の天気は曇りで、少し青空も見える程度だ。