台風19号 思いもよらない被害

 台風19号は規模が大きく、そのエネルギーは前に来た台風と比べると何倍にもなる、と事前の天気予報で警告していて、不気味には感じたが「まあ、そうは言っても長野県は、台風の中心とは離れているからそれほどの事は無いだろう。果物の落下が心配だな、」くらいに私は考えていた。

 ところが、雨雲の規模が桁違いで、中心と離れていても台風全体として台風に面した山脈に大量の雨を降らせ、千曲川上流部を中心に中流部や下流も含めた雨量が半端ない量だったのだろう。昨日の夕がたくらいには小諸あたりの千曲川の増水が報じられていたのだが、しだいに夜に入り、千曲川の中流で、堤防付近で浸水の所が報じられ始め、朝起きてみたら下流の長野市では、堤防が決壊して広い範囲で浸水している事が報じられた。

 私が住んでいる中流の部類の上田市でも、堤防が崩れ出しているという事で、そうなれば浸水する地区が多くなるだろう。何とか崩れないで保ってくれることを祈っている。
 これを書いている今も、千曲川、下流部での浸水などが多く報じられている。

 先日、ご一緒に焼額山へ登った「山岳巡礼」の根橋さんのお宅は、長野市柳原で、長野市の堤防決壊か所からそれほど遠い場所では無く、お電話してみたところ、固定電話に「留守にしています」と入っていたので、すでに避難されているのだろうと思うが、どの程度の浸水状況なのだろうか?

 今回の台風、事前に雲の映像などを見ると、大きく広がっていたので、長野県の方まで広がって来る事は当然分かっていたのだが、やはりこんな方までひどい被害が出るとは今までの台風のイメージからは、私には全く想像できなかった。

 東日本大震災以来、想定外といった自然現象が次々に起こってきている。
 昨日も書いたように、必要のないミサイル迎撃システムや戦闘機などに金を使うような事は全く無駄で、もっと、地震や津波、地球温暖化、異常気象など、自然について基礎的な研究をしたり、防災や減災についての備え、開発など、そちらへ予算を使うべきだ。
 自衛隊も軍隊的な『人殺し』的な方向へ発展させていくのでなく、多少は残しておいて、中心は「災害救援隊」的な組織に大改革し、日本ばかりでなく、世界的に救援に特化して活躍する組織にすれば良いのだ。

 政府は、トランプ政権に従って、核についても温暖化、プラスチックごみ、についても人類にとってみて、まともな方向と逆行するようなカビの生えたような古い方向をいつまでとっているのか。

 それこそ「日本の大川小学校化」が進んでいると言える。
 今回の台風を体験し、そんな事を感じた。

(このブログを書き終わってからしばらくしてテレビを見ていたら、上田から別所温泉に向かう電車の千曲川にかかった鉄橋が左岸の堤防が崩れかかり、そちら側の鉄橋が崩れ落ちている映像が放送されていた。大正時代くらいの昔から市民や観光客に親しまれた鉄橋、のどかな信州の象徴的な風物が、もろくも崩れてしまった。今、そういう時代になったのだと、さらに実感。)