日韓歴史共同研究報告書は、見る事ができる

 公益財団法人 日韓文化交流基金
http://www.jkcf.or.jp/projects/kaigi/history/
というHPがあり、そこに、日韓歴史共同研究報告書
 第1期(2002~2005年)報告書(2005年6月公開)第2期(2007~2010年)報告書(2010年3月公開)がPDFですべて読むことが出来るようになっていた。日韓双方がお互いの論文についての批判文やコメントものせていたりする。

 ウイキペディアのこの「日韓共同研究」についての解説を見ると、韓国側の態度が偏っていて困ったような事が書いてあるが、そういう事もあったのだろうが、すべての分野では無かったのだろう。

 試しに、『◾植民地朝鮮における近代化と日本語教育 山田寛人  批評文(柳承烈) 批評文へのコメント(山田寛人)』というのを読んでみると、韓国での日本語の教育という物について、やはりぼんやりとしたイメージしか無かったが、ある程度詳しく知ることができた。

 こういった物を、日韓両国民が一応、知ったうえでさらに理解を深める努力をコツコツとしていかなければならなかったのに、やはり、「ドイツ・フランス共通歴史教科書」を作った独仏のようなレベルにまで持っていく力が無いのはリーダーの見識や政治力の差なのだろう。
 アマゾンを見ると、その教科書がどんな本か表紙は見る事が出来た。
 
 今、こんな歴史研究をやろうとする若い学生にはきっと日本では予算が今の状態ではおりないだろう。いいかげんな嫌韓本がはびこる現状がいつまで続くのだろうか?
 本を買わなくてすむから、この報告書を年代に沿ってぼつぼつと読んでみるかな。