福島第一原発は津波の前に壊れた 木村俊雄を読む5

  “過去の話”ではない の章

 この章は最後の章であり、木村氏が結論を述べていて短いので、全文をコピーした。

『 原発にはそもそも無理があるというのが、長年、現場経験を積んできた私の実感で、私は「反原発」です。しかし敢えて「原発維持」の立場に立つとしましょう。その場合でも、事故を教訓に十分な安全基準づくりの根拠となるべき事故原因の究明すら、いまだなされていないのです。
 東電は「津波によってメルトダウンが起きた」という主張を繰り返しています。そして、その「津波」は、「想定外の規模」で原子力損害賠償法の免責条件にあたるとしています。しかし「津波が想定外の規模だったかどうか」以前に、「津波」ではなく「地震動」で燃料破損していた可能性が極めて高いのです。
 しかも、私が分析したように、「自然循環」停止の原因が、ジェットポンプ計測配管のような「極小配管の破損」にあったとすれば、耐震対策は想像を絶するものとなります。
細かい配管のすべてを解析して耐震対策を施す必要があり、膨大なコストがかかるからです。おそらく費用面から見て、現実的には、原発はいっさい稼働できなくなるでしょう。
 原発事故からすでに8年が経ちますが、この問題は、決して“過去の話”ではありません。
不十分な安全基準で、多くの原発が、今も稼働し続けているからです。』

 以上で木村俊雄氏の論説は終わる。

 折しも、今日、東京地裁は、原発訴訟で、東電会長ら旧経営陣3人に無罪判決を出した。裁判官は、こういった本当の現場の人の声に学び、耳を傾けることなく、別の論理で判決を下しているのだろう。

 「そんな、あれだけの被害を国民に与えていて無罪はないだろう」と一般国民はだれでも思うだろう。裁判所はおかしいんじゃないか、と腹立たしい方も多いだろう。
 そういう方は、この本を読んでみたら裁判所の真実の姿が見えてくるのだろう。
 私も読んでみようと思う。

「裁判所の正体 法服を着た役人たち ブックレビュー」
https://bookmeter.com/books/11777394