再び敗戦の悲惨な日本にしないために

 ネットを見ていたら、東京新聞の「親友対談 しなやかな反骨」という対談で、元文部科学省次官の前川喜平さんと城南信用金庫顧問の吉原毅さんの対談が出ていた。
 組織の中で流される事なく生き、かつその組織の中でトップも経験した二人の対談が、若い頃から、仕事の中での事などについても話されている。小泉内閣と現在の安倍内閣の違いなどもよく分かる貴重な対談だ。
 城南信用金庫の吉原毅という人は、福島原発事故の時に、この信用金庫の姿勢を反原発の思想で運営してとても話題になっていた人だったと思う。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019073002000118.html
対談は、(1)だけでなく、(4)まで続いて行くので読んでみてください。

 こういった人達が組織のトップにいて活躍できるような世の中になぜならないのだろう。

 同じくネットを見ていたら、「森友問題、佐川元国税庁長官ら10人再び不起訴」に関連して、その事件をスクープした元NHK記者 相澤氏(今はNHKをやめて他に移る)の記事があり、
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00197290-hbolz-soci
そこを見ると、中に、このような部分があった。
『~それでも相澤氏は「NHKに恨みなどはまったくありません」と語る。「組織とはそういうもの」と、冷めた見方をしているようだ。
「NHKの現場の記者の多くは真面目で、腑抜けた上層部とはまったく違う。NHKには、優秀で気骨のある記者やディレクター、カメラマン、職員がたくさんいるんです。私は、NHKを今でも愛しています。
 今、NHKの実権を握っている上層部の人々は、NHKを愛していない。私のほうがずっとNHKを愛していますよ。彼らは、自分たちの時代が安泰であれば、後はどうでもいいと思っている。はっきり言って、上があかんのです。上を総取っ替えしないと~』

 以前にもブログに書いたが、太平洋戦争を振り返って、日本は兵隊レベルでは確実に強いが、将校レベルでは同じくらい、将軍のレベルでは確実にアメリカが強かった、と書いてある本があったが、その構造は現在でも同じなのだろう。
 現在、確実に色々な世界レベルでの戦いに負け、日本は世界での地位を低下させていると思う。

 我々、力の無い一人ひとりが、本当に人間としてりっぱで心を持った実力のあるリーダーを選ぶ目を持つことが今、本当に重要な事なのだろう。再び悲惨な日本になど絶対にしたくないと思う。

 

政局の基礎知識が無いので

 現在、私は、日韓問題とか、政治の問題に興味、関心を持たざるを得ない気持ちなのだが、もともと「政局的」な事にそれほど興味、関心があった訳では無い。

 「政治的」な時期と言ったら、大学時代、ちょうど全共闘などの学生運動が盛んな時期で、通っていた大学も半年以上封鎖されていた事もあり、いやおうでも政治的な事に関心を持たざるを得なかった頃くらいで、就職すれば仕事の事、結婚や家庭の事などで余裕もなく、政治的な事は、特に政局などテレビに出てくる一種の「面白い世相」程度の認識しかなく、国会議員の投票などは棄権した事はほとんど無かったが、県会議員や市長などの選挙には行った事もほとんど無かった。
 職場で労働組合などに入っていたが、それも一種の仕事に派生した用事程度の感じだった。ただ、仕事の上で、部落解放運動などについて関係する役になり、学ぶ期間が3年ほどあり、それはやはり政治的な問題を皮相でなく勉強する良い機会だったと今、思う。
 また、教育者の「斉藤喜博」の本や、「シュタイナー教育」の本などを仕事に関連して読んでいたが、そういった物も、今の、政治や思想に対する自分の見方に影響しているのかもしれない。

 退職してからは、趣味の活動が主で、ブログもそういった内容の事を書いていたのだが、再び「政治的関心」が高まったのは、退職して1年ほどたった頃に起こった、東日本大震災と福島原発の事故だ。それがきっかけで、色々と読書したりネットの情報を見たりするようになリ、ブログの内容も変わった。

 という訳で、基礎的な知識が全くない。
 「村山談話、河野談話、細川内閣、民主党政権、」などという言葉がボンボンと出てくるが、ぼんやりとしたイメージしか湧いてこない。
 そこで、今回、平成時代になってからの内閣の変遷と、村山談話、河野談話、について調べてみた。
 こうしてみると、「細川内閣」「村山内閣」あたりは今とずいぶんと隔世の感がある。

 時代の状況は、バブル景気というのは、「1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月」までで、小選挙区になったのは、1996年(平成8年)からである。
 リーマンショックというのは、「2008年(平成20年)9月15日」という事だ。


歴代内閣
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E5%86%85%E9%96%A3#平成時代(1989年_-_2019年)

村山談話(1995年・平成7年)自社さ連立政権の時
村山内閣総理大臣談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E5%B1%B1%E5%86%85%E9%96%A3%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E8%AB%87%E8%A9%B1%E3%80%8C%E6%88%A6%E5%BE%8C50%E5%91%A8%E5%B9%B4%E3%81%AE%E7%B5%82%E6%88%A6%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%97%A5%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%80%8D
村山談話全文
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/07/dmu_0815.html

河野談話(1993年・平成5年)細川内閣、連立政権の時
慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E9%96%A2%E4%BF%82%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%B5%90%E6%9E%9C%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B2%B3%E9%87%8E%E5%86%85%E9%96%A3%E5%AE%98%E6%88%BF%E9%95%B7%E5%AE%98%E8%AB%87%E8%A9%B1