NHKスペシャル 香川照之の昆虫やばいぜ を見て

 以下のような番組 番組紹介のHPから『コピー』

『「人間よ!昆虫に学べ」をテーマに、カマキリ先生(カマキリに扮した俳優・香川照之さん)が虫を求めて野原を駆け回り、ほとばしる昆虫愛を語る人気番組、「香川照之の昆虫すごいぜ!」が、Nスペに進出!昆虫と私たち人類の未来に迫る。
カマキリ先生は、生物多様性の聖地・コスタリカへ。宝石にしか見えないコガネムシ、ありえない虫・ツノゼミ、少年時代からの憧れ・モルフォチョウ・・・、魅惑の昆虫たちを前に、大興奮のカマキリ先生。しかし、そんな昆虫王国にも人間による開発や温暖化による異変が忍び寄っていることを知る。そこで、世界の昆虫の“今”を大調査。日本では昆虫が激減。ドイツでは、8割近い昆虫が減る異常事態が進行中で、花や鳥まで消えた沈黙の世界が広がっていた。研究者の間では、「あと100年で昆虫は絶滅する」とまでいわれ、人類滅亡を招く恐怖のシナリオ=「昆虫カタストロフ」が現実になってもおかしくないという。一方、最新の研究からは、北米のオオカバマダラが羽を大型化させ、進化によって、気候変動に対抗していることが判明!もしかしたら、本当に“やばい”のは昆虫ではなく人間なのかもしれない。カマキリ先生とともに昆虫に驚嘆し、胸を熱くし、子供たちが大いに学べる夏の夜をお届けする。』

 番組紹介など、この2,3日テレビに出ていて、「夏休みお子様向け番組」なのだろうなあ~、と思っていた。それでもコスタリカでの昆虫採集とはどんな様子か、ちょっと興味があったので途中から見ていた。

 すると、途中のこの部分の内容の所になった。
『しかし、そんな昆虫王国にも人間による開発や温暖化による異変が忍び寄っていることを知る。そこで、世界の昆虫の“今”を大調査。日本では昆虫が激減。ドイツでは、8割近い昆虫が減る異常事態が進行中で、花や鳥まで消えた沈黙の世界が広がっていた。研究者の間では、「あと100年で昆虫は絶滅する」とまでいわれ、人類滅亡を招く恐怖のシナリオ=「昆虫カタストロフ」が現実になってもおかしくないという。』

 このことについて、良く言われているような事なのかな、「まあ、そういってもそれほどの事は無いだろう、熱帯雨林のアマゾンやボルネオなど問題なのだろう」などという気持ちがあったのだが、この番組を見ると、これは昆虫学が古い歴史を持っているドイツの研究が紹介され、本当にここにきて急激に昆虫が減少している事が示されていた。このままでは本当に「あと100年で昆虫は絶滅」となりそうな気がした。そしてそれがヨーロッパやアジア、アメリカなど世界中で同様の減少が見られるという事だ。

 その原因として、開発などによる環境の激変、温暖化、農薬、などの事が並行的に示されたのだが、番組でも香川さんが「農薬が・・」とちょっと口走っていたが、この急激な現象はおそらく農薬が一番大きな原因なのではないのか?という気がした。
ミツバチの神経系が狂ってしまい巣に帰れず死んでしまうというネオニコチノイド系の農薬の問題が世界的に出ていたのだが、もしかして、現在、流行っているそういった低毒性と言われるような農薬が、大きな原因なのではないか?
以前、こんな事をブログで紹介した。
https://js30.at.webry.info/201805/article_9.html

番組では、昆虫が絶滅したら、生態系が次第に滅び、人間も生きて行かれないという事を子供にもわかるように説明していた。

ネオニコチノイド系農薬ばかりでなく、農薬や他の用途に使われる化学物質は、人間にとっては、直ぐに死ぬような害では無いのだが、次第に同じ生物である人間も、昆虫と同じように人間存在の重要な部分に作用して、取りかえしのつかない害を与えるのではないか。「沈黙の春」や「奪われし未来」で警告された事は、部分的には一部は禁止されたりして対策がとられたのだろうが、それが出版されてからの後の時代、そこで述べられた問題が、根本的に解決されたわけではない。その証拠に、それ以後の世界で、このような昆虫の大量死がさらにひどくなったり、人間についても同じ傾向が続いているのではないか。
 番組では、子供向けという事もあり、明るい未来もこじつけのように最後につけていたが、開発、農薬、などについて深く鋭く切り込んで考えていくと、暗い未来になるが、そういった内容のテレビは暗澹とした気持ちになり、見たくなくなるので作れないのだろうか。

 韓国ともめ事になって、そんなことが一番大きなニュースになっているようでは、国家的規模の災害や、人類史的な問題が起こってきている現在、本当に「小学生レベル」の政治と言える。
 
「れいわ新選組」では辻村ちひろ、という候補者をたてて政党の方向としても環境問題が重要だと訴えていた。国会から身体障碍者の問題が大きく進みそうであるとともに、色々な分野で進んだ政策をかかげてくれそうで、こういった政党に本当に日本を任せたいと思う。
1.jpg
 わが家の庭の小菜園では、もちろん農薬は使っていない。なので、マメコガネなどの害虫は手で取ったりしているが、小さい畑なので、そういった事が可能である。今朝の収穫。 
 翌日の収穫
1.jpg
 その翌日の収穫
2.jpg
 今年は、耕運機で人に耕してもらったりしたせいか、ちょっと追肥をやったり、虫取りもちゃんとしたせいか、まあ人並みの家庭菜園の収穫になっている。7月下旬から8月にかけての夏野菜の自給率は60%くらいにはなっている。後30%は人にいただいたりするので、10%くらいを買っているくらいだ。もっともこれは夏野菜シーズンだけの話。後は作っていない。
 藻谷啓介の「里山資本主義」や、最近多くの人が見ているテレビ「ぽつんと一軒家」に良く出て来る人などのように、コメなども作ったり、ほぼ一年中、野菜などを自給できたら、どのくらい豊かで満ち足りた気持ちになる事だろう。そんな生活に近い方はけっこういる事だろう。少しでも見習いたいものだ。