猛暑に思う

  連日の猛暑、ところが今年の夏は『電力不足の危機』などという事は全く言われなくなり、もっぱら「韓国への非難」ばかりである。

 太陽光発電が増えてきた事、電気製品の節電性能の高まり、節電意識もある。太陽光発電がここまで広がって来る事は政権の冷たい方向にも関わらず、世界の大勢なのだろう。ネットを見ると、大口の自家発電が増えていること、原発が再稼働している物がある事(部分的な場所の話だと思うが)などが原因のようだ。

 「原発再稼働」に向けて、夏の電力不足が声高に煽られていた時の事を思い出してほしい。
 様々な、論調が、原発が無いとやっていけない、日本はだめになる、などと騒ぎ立てていた。その後、アベノミクスの重要な矢とされていた海外への原発輸出は全滅した。
 全く原発など必要が無いのだ。原発再稼働をしてしまった九州電力などが、太陽光発電を制限するような話がしばらく前に出ていた事も思い出される。

 要するに、どう考えてもこの地震列島で「日本滅亡」のリスクを背負ってまで、たかが電気のためにこれからさらに「原発再稼働」などという事はいかに馬鹿げている事かを肝に銘ずるべきだ。

 同じように、現在の「日韓問題」も同じく全く馬鹿げた事だ。というかまともな大人ならこんな事はしないだろう。
現政権が何か自分たちの利益のために(自分たちの政局を有利にするために)大騒ぎで国民を煽っているだけであり、これが後、2,3年もすれば、安倍政権はすでに倒れて、「あれ、この頃、日韓の問題はあまり聞かなくなったなあ~、今年の海外旅行は韓国へでも行ってみるか。」などとなる事に違いない。