安倍政権の方針で被害続出

 日韓の関係悪化が様々な方面へマイナスの影響を与えている。
 韓国からの観光客が減少し、観光地など被害を被っている話や、色々な交流事業で、子供達はじめその地元の人達が楽しみや期待している事業が次々にキャンセルされて、当事者がガッカリしているニュースがテレビで伝えられている。
 
 また、私はよく分からないが、経済的なつながりが強いような会社など被害がとても大きくなっていくのではないか。その損害額は一体いくらくらいになるのか?

 さらに、北朝鮮や中国との関係で、日本と韓国がケンカなどしていてくれたら、北朝鮮はもちろん、中国もロシアも「いいぞ、日韓でもっとやってくれ!こちらの事は不注意になる。この隙に」と思っている事間違いないではないか。
 なんという「愚かな」政権なのだろうか。

 ただ、日本国民は、政府が強硬姿勢を取っている事を支持しているという事は世論調査で出ているようだが、どの程度強い気持ちでそう思っているのかは?である。
 意見の募集に4万件という多さ、などとニュースでやっているが、ネトウヨとか日本会議などが得意の動員?で煽っているのかもしれない。関連の嫌韓本なども発行されていた。
 おそらく、韓国国民の方が、本当に腹を立てているにちがいない。

 これは、戦時中の朝鮮人の徴用工、個人の賠償請求権があるかないかの問題であり、日本は国同士の条約で賠償はすでに済ませたと言い、賠償請求権はすでに無いと主張し、韓国側は個人としての請求権は残るとしている。条約が結ばれたのは韓国の独裁政権の時だったし、韓国の人は納得が出来ない面もあった事は分かるし、日本も大きな賠償額はすでに払っている事も事実だ。
 
 これは、徴用工にさせられた人が個人として日本の企業に請求している問題で、言ってみれば、日本のハンセン病患者や家族が日本国に対して賠償を求めるのや、戦後の『優生保護法』で、障害を持った人が断種手術を強制された事に対して賠償を求めるのと同じ気持ちだと分かる。
 戦時中など、だまされるようにして日本に連れて来られて、ドレイ的な労働をさせられた事は、やられた本人にとってみれば、それらと同様な状況だ。あまり我々は知らされていないが、もっときちんと日本人が知らなければならない歴史の事実なのではないか?
(こういった事についてちゃんと調べられた本などあるのか、調べて読んでみたい)

 まともな政権なら、徴用工個人と日本企業の問題として扱い、日本企業はその個人に対して、お詫びと、大企業にとって大した負担になるような金額ではないであろう。それほど法外で無い賠償金を払うような方向を探るのではないか。きっと元徴用工も心からのお詫びが人生の最後に欲しいだけであって、自分の人生を意味あるものとして歴史に刻みたいという気持ちから賠償を求めているのだろう。金額は問題では無いのだろう。日本の大企業は、かつての経営者たちが行った行為にしっかり向き合い、それに答えてやるべきだ。
 
 そもそも、根本の所は、これは現政権による全く「歴史改ざん主義」(前川喜平氏の言葉)の姿勢が招いている馬鹿げた政策である。
 このブログで紹介した前川喜平氏の「憲法改正についての話」の中で、安倍首相の「歴史改ざん主義」についてはっきり知る事が出来る。
(中ほどの場所にその事を話している)
https://www.youtube.com/watch?v=fePSOOXBoPI

 安倍首相が幹事長の頃、若手議員の「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」という会の事務局長になっていて、その頃から、文科省の教科書検定に色々と文句を言って事実を変えさせようとして沖縄県民からも反発をうけたという話を知り、納得した。ウイキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%89%8D%E9%80%94%E3%81%A8%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%95%99%E8%82%B2%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E4%BC%9A

 つまり、安倍首相は基本的に日本が朝鮮半島を植民地にして色々と朝鮮半島の人に対して収奪(植民地にするという事はそういう事だ)してきた事に対して、「日本は色々と朝鮮半島に対して色々と良い事もしてきた」と言った程度にしか歴史を見ていないという事だ。
 仮に朝鮮人が日本を植民地にして、学校では韓国語を使わせ、韓国の方を向いて礼拝をさせているような事を想像しただけでどういう事か分かるだろう。
 「韓国に良い事をしていた」などと考えている人は、「愛国心」という物が無いのだろう。「愛国心」についての想像力の欠如はなはだしい。

 その元は、何と言っても歴史に対する「無知」からきているのだろう。
 今からでも遅くないので、ちゃんと事実に基づいた歴史認識を特に日本人は学ぶべきだと思う。
 こんな本もある。
https://js30.at.webry.info/201808/article_6.html

また、そんな今更「歴史認識」などと色々言わなくても、お互いに普通の人間として交流して行けば解決されていく面もあるのだろう。

 いずれにせよ、政権の誤った「歴史改ざん主義」の宣伝に躍らせれて、日本国民も誤った方向へ突っ走る『愚』は本当にやめてほしい。

 戦時中、戦争中の「鬼畜米英」という言葉を思い出してほしい。そういった言葉に洗脳され、踊らされた国民がその末にどんな事になったのか。
 安倍首相は「鬼畜米英」という言葉を歴史的な場面でどのように使われたのか知っているのだろうか?