次の元号はひらがなで作ればどうか

 新元号が「令和」となった。

 令という字は、令子などという名に多く使われていたり響きが「麗」という字に似ているので、「響きが良く現代的」などという街の声が多く聞かれ、おおむね好意的な反応が多かったような気がする。

 私は、「令」と聞いたとたんに「冷戦」「命令」といった言葉を連想してしまい、あまり良いな、とは思えなかった。和は、「昭和」を連想するので複雑な気持ちになるし。
 漢字の語源というのは奥深いというか、空恐ろしい物が多いので、本当の令の語源は何なのだろう?きっと漢字に造詣の深い学者が決めたのだから変な物ではないのだろうが・・。

 代々、中国の古典から元号がとられていたのだというが、はじめて日本の古典から引っ張ってきたという事で、安倍首相は、自分の「命令」が通用したのでご満悦の様子だった。きっと『日本会議』などからの要望にもこたえられ、しかも自分の考えとも一致しているのだろう。

 その古典というのは「万葉集」だという。万葉集の中に漢文で書かれた序文などがあるという事は初めて知ったが、そういった物があるのだろうなという事は想像がつく。なにせ奈良時代だから文章は漢文しかなかった訳だ。

 新聞にも『しかし、国書の漢文は漢籍を引きながら記されている例が多い。元号の典拠とすれば、漢籍の「孫引き」になるという指摘はつきまとう。国文学や中国文学の専門家からは、令和の典拠とした万葉集の梅の花の歌の序文について、漢籍にルーツがあるとの指摘が早くもあがっている』とあった。

 大体、これは梅の花の花見の場面での事らしいが、「梅」の花というのはちょうど日本で桜が尊ばれるように中国では梅の花を尊ぶその流行を日本でも真似したようなもので、ちょうど今、アメリカの真似をして日本でハロウインをやっているようなものであり、いくら万葉集が日本の古典だと言ってもあらためて当時の中国文明の影響の基に日本の文明が出来てきた事を思い知らされるばかりだ。日本の古典からなどと変な事を気にしているから返っておかしなことになる。

 それを、初めて『日本の古典からとったのはオレだ』と言わんばかりの安倍首相のドヤ顔は全く見る気がしなくチャンネルを変えてしまった。

 「日本会議や安倍首相」が国風に拘るなら、元号を「ひらがな」でつけたらどうか。
 これなら、いくら漢字を元にひらがなが作られたと言えども、日本語を表すために日本人が漢字を使って自ら発明したものだからそれこそ意義のある文字表現である。
 新元号はひらがなで「さくら」「へいわ」などとつければそれこそ新しい現代の元号にふさわしい。外国向けにとっても誇れるものだ。書くのにもとても楽だ。(へいわは、漢語をただ発音しているだけだから漢字と同じか)

 大体、明治時代の日本の天皇制は、中国の儒教思想などを取り入れて様々な制度を作ったのは、最近、この本を読んであらためて認識を得た事だ。
https://js30.at.webry.info/201807/article_1.html
 明治以後の天皇の制度自体、儒教思想も大きなネタとして作られているのだから、中国の古典から元号をとらないで、日本の古典から、とすること自体、変な事なのだと思う。
 
 そんな事を考えていたらお昼のNHKニュースで、今回の選定過程での他の候補がいくつか明らかにされ、作った人もこの人と紹介されていた。
 それを見ると、いくつかの候補の中では「令和」が確かに一番感じがいいし、選んだ人も、だれもが文句の言えないようなその世界の知られた人のようだ。

 安倍首相が、日本の古典から、などと主張して、密室でやっていて、発表も政権の宣伝と言った感じでやったので、きっと、変な憶測を呼んで国民の一部に批判が高まり、新元号への印象が悪くなると困ると思っただれかが、これではいけないとNHKを使って色々と本当の事を公表する事になったのだろうか?

 分からないことだ。