鴻の巣の遊歩道

 蒸し暑く、ヤブっぽい場所は歩く気がしません。そこで今日は鴻の巣の遊歩道を歩くことにしました。ここは家から6,7分でしょうか。場所は小牧山の南西の端のほうです。
画像

画像

ここは市で作った遊歩道です。鴻の巣は、春は付近の小学校の遠足、秋はここにあるマツタケ小屋などで人が大勢、来ますが、その他の季節は静かです。
画像

地質的な説明は説明版をごらんください。
画像

 工業団地の道路からしばらく入っただけで、ウグイスやカラ類の声が聞こえてちょっと山に来た気がします。
画像

ノイバラやウツボグサなど初夏の花が咲いています。
画像

展望場所への道。
画像

展望と言ってもこんなていど。
画像

ちゃんとした遊歩道。周りの林は、松枯れの松は切って片付けられ、消毒剤をまかれビニールで覆われています。明るい林に整備されていて歩いていても気持ちが良いです。(ただ消毒がちょっと心配ですが)
 木は、アカマツ、コナラ、クリ、サクラ類、リョウブ、ソヨゴ、ネズミサシ、ヌルデ、ヤマウルシ、など小牧山に良く生えている木々が見られます。
画像

すぐに出発点のガケに戻ってガケのあたりを歩いてみます。松が元気です。林床の富栄養化が松枯れの原因と言っていた人がいたがそんな気もする風景です。
画像

画像

おもしろい模様やきれいな石(チャート)など。子どもも楽しめる場所です。ちょっと短すぎて運動にならないのが欠点の遊歩道です。裏や頂上の方まで遊歩道がうまく作れればすごく良い遊歩道になるのですが。