上小30山のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガッカリの民進党

<<   作成日時 : 2017/07/14 11:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今日、ちょっと見なかった金子勝ツイッターを見たら、こんなツイートが載っていた。
『読むべき社説】朝日の昨日の社説はよかった。民進党内で都議選低迷の原因を蓮舫代表の「二重国籍」問題に求める愚を批判し、脱原発で対抗軸を示すことだと指摘。翻って、読売が前川人格攻撃で信頼を失っただけ、朝日自身も報道機関として頑張る時だ。』

 実は朝日新聞の社説も読んでいなかったのだが、先日、民進党内で都議選の結果から執行部を批判、蓮舫代表の二重国籍が問題だと言っている、というテレビニュースを見た時に、「え〜二重国籍の事など、皆、忘れているし、そんな事問題になんでなるのか?」と思うと、一緒にテレビを見ていた家人も、「そんな事、問題じゃないでしょう。そんな事やってると民進党は国民に嫌われちゃうよきっと。」と言っていた。
 私も、何だ、その民進党の感覚は、と非常に不愉快な感じになった。

 これでは、ダメだ。原発に反対できないような自民党だか何だか分からないような既得権益集団の党は、いくら安倍首相を追及してもダメで、はやく分裂して、ちゃんとしなければ、こんなありさまでは、とうてい自民党に対立する受け皿にならないだろうな〜、と非常にガッカリした。

 わが家ですらそうなのだから、それでも安倍政権の支持率が下がって、さあ、という時に、ガッカリした国民は多かったのではないだろうか?

 そして、ネットを見てみると、この批判した民進党議員への批判がたくさん出ていて、「日本会議の研究」の菅野完氏がこの民進党議員は「名簿を見たら日本会議のど真ん中、」とツイートがあった。
 そういう議員は、自民党へ行って安倍派閥に入らないと、こりゃ民進党は何だか訳が分からない党のままで、絶対に選挙では国民の支持は受けられないだろう。

月別リンク

ガッカリの民進党 上小30山のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる