上小30山のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS NEWS23での籠池氏の独占インタビュー

<<   作成日時 : 2017/05/10 22:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

  昨日のTBSテレビのNEWS23では、国会での森友学園問題の追及や、籠池氏のインタビューを放送していた。

 想像していた通りに、どう考えても、だれが見ても、安倍首相や財務省側がおかしいことが子供でも分かる。
 これで、籠池氏が罪に問われて、安倍首相が無事なら、まさに日本はリトル北朝鮮だ。

 籠池氏は一昨日の国会での追及を傍聴していた様子も伝えられていた。

 籠池夫妻と安倍昭恵夫人のにこやかな記念写真が公開されていたり、その写真は近畿財務局では、職員が上司に報告するためにコピーしていた話なども出ていた。また、財務省の公開書類は、ほとんど黒塗りの「ノリ弁」の情報公開で、これでは公開したと言えないことが明らかだ。表題には安倍首相記念小学校と書いてあったからそこから黒塗りだという。

 国会での安倍首相の答弁と反して、公開されたビデオなどを見ても、籠池氏の話からも、昭恵夫人は、本気で森友学園を支援していた様子が分かり、安倍首相からです、と言って人払いし100万を寄付し、その後、籠池園長から名誉校長になってくれ、と言われ、喜んで引き受けたのだという籠池氏の話の方がよっぽど説得力があった。

 写真や、当時の夫人の講演のビデオの様子など見ても、その通りだという事は、だれでも想像がつく。
 それにもかかわらず、安倍首相側はウソをつき、財務省などは何も情報を出さない。
 そして、安倍昭恵夫人の証人喚問を拒否している。

 籠池氏にどう考えるのか聞くと、『首相は「私や妻が関わっていたら、首相どころか、国会議員を辞める」と言ってしまったので、あまり関わりが無かった事にしなければならず、このようにしているのだろう。』と言っていて、本当にその通りであると同感した。

 それにしても、本当の事を言っている籠池氏が検察によって罪を問われ。
 ウソをついている安倍首相や財務官僚が何も罪を問われない、などという事が仮にあったら、この国の「道義」というものはどこへ飛び散ってしまうのだろうか?

 安倍首相の好きな「道徳教育の推進」というものがどんな実体の物であるか。
 このことから見ても良く分かるのである。

 そして「道義」を失った国は、滅びの道へと進んでいくのかもしれない。

月別リンク

NEWS23での籠池氏の独占インタビュー 上小30山のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる