上小30山のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK・BS英雄たちの選択   平安京ミステリー 応天門の変を見て

<<   作成日時 : 2017/04/14 07:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

  「英雄たちの選択」は、いつも面白く見ている。
 歴史番組が好きという事もあるが、番組の切り口や、司会や出演者の話がとても面白いからだ。
 ところが、私にとって時間が中途半端なせいか、良く見逃がしてしまう事もある、先日は見ようと思っていた「南方熊楠」を見逃してしまった。再放送も忘れていた。

 昨晩は、その時間にテレビの前に座っていのだが、内容は平安時代の「応天門の変」についてだった。平安時代の事であるし、あまり興味が持てそうでもないと期待も無く何となく見ていた。

 ところが、これがけっこう面白いのである。
 「応天門の変」とは、番組のHPからのコピーは。以下のような物
 
『平安時代最大の疑獄事件「応天門の変」。朝廷のシンボル焼失という大不祥事発生。なんと朝廷トップ4人のうち2人が放火犯を疑われる。責めを負うのは誰?権力闘争の顛末は
応天門への放火を最初に疑われたのは朝廷ナンバー2の左大臣・源信。告発したのはナンバー3の右大臣・藤原良相とナンバー4の大納言・伴善男。ところがそのナンバー4こそ真犯人との密告が。天皇に事態収拾を命じられたナンバー1の太政大臣・藤原良房は、誰に責任を取らせるのが最善の道か選ぶことになる。ナンバー2から4まで、いずれも政敵として警戒する相手。真相究明よりも誰を失脚させるかの選択が迫られることになった。
【司会】磯田道史,渡邊佐和子,【出演】本郷和人,平野啓一郎,中野信子,【語り】松重豊』
という事なのだが。

 そもそも、この番組を作っている人たちはどういう人なのだろうか?司会の磯田道史の意見などが多く入って作っているのだと思うのだが、どんな人たちが何を考えて作っているのかも興味深い。なぜ今、この平安時代の事件を取り上げたのか?

 番組を最後まで見ていくと、藤原良房が、藤原一族の権力を確立させるため、伴善男を使って、源信を失脚させるために事件を起こし、その後、伴善男に罪をかぶせてしまった。と後世の人まで感じていた事が示される。この事件を元にして300年後に作られた「伴大納言絵詞」には、最後に、伴大納言はさぞ悔しかっただろう、と記されているという。

 日本では、能力のある者が力を発揮させられず、失脚してしまう。真実の究明より、生まれが大切にされる同質のぬるい社会の方向へ落ち着こうとする力学が働く、そういった社会の中では、芸能は発達するが、能力を発揮させて力強く社会を変革させていくような事が出来ない風土である。 また、この応天門の事件が起きた時のような「トカゲのしっぽ切り」は現在の戦後の政治の中でも良く行われる事だ、とか、藤原良房は、「日本をどうしようというような大きな構想能力は無かったが、藤原一族のための権力闘争を勝ち抜くというような政治的能力には非常にたけていた。」などの話があった。

 これらの話を聞いていると、番組制作者や出演者の話の裏には、現在の日本の政治状況を踏まえて話しているようでもあった。(少し考えすぎかもしれないが)

 藤原良房が伴善雄と共謀して事件を起こしておきながら、伴善雄をトカゲのしっぽ切りとしてしまうところは、安倍首相夫妻が森友学園の籠池理事長をトカゲのしっぽ切りのように切って捨ててしまったり末端の官僚に責任を転嫁したり、それで事件を決着させてしまうところや、自民党の集団が、平安時代の藤原氏を頂点とする世襲貴族の集団で閉塞的な政治を行っていたように、現在の国会議員も三代目の世襲議員の集団であり、何となくその自民党世襲集団をぬるい安心感があるように感じて選挙で選んでいる日本国民である所。
 そういったぬるい日本的同質集団は、本当に能力のある者が社会を大きく前に進めて行くようなものではないという事。番組は、そういった日本社会、ひいていうと現在の政治状況について、それを招いている日本人の本当の根源の問題点を指摘してくれているような感じでもあった。

 出演者の方々は、私などに比べると若い世代の人だ。テレビなどでも良く出て来る人たちのようだが、例えば再生可能エネルギー革命について日本を引っ張っていこうとしている飯田哲成などもこういった人たちと同じ年代の人だろう。

 このごろはあまりにもお粗末な閣僚の姿や、歴史のレの字すら全く学んでいない、ネトウヨと変わりないような政治家の発言、それに唯々諾々と従う官僚や、権力に醜くすりよる一部の芸能人やマスコミなどの姿を見るにつけ、時々日本の未来には全く希望が無いように感じてしまうのだが、こういった番組を見ていると、我々の年代よりもっと若いこの世代の人たちの中には、そんなおかしな人たちばかりではないような気もしてくる。



月別リンク

NHK・BS英雄たちの選択   平安京ミステリー 応天門の変を見て 上小30山のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる