上小30山のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 報道ステーション 東大法学部井上教授のコメントがスッキリ分かる

<<   作成日時 : 2017/04/09 15:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 一週間、テレビもあまり見ず、ブログの更新をしなかった。色々と世界情勢も断片的にしか見なかったが、今日、色々とネット上を見てみると。

 4月7日の報道ステーションでのコメンテーター井上達夫東大法学部大学院教授のコメントが久しぶりにスッキリとすばらしい、という声が多いようだ。
 見てみると本当にそうだ。安倍政権の傲慢化を許している国民に対しても批判していて、久しぶりにちゃんとしたコメンテーターが出てきていた事が分かった。
 国営放送NHKや安倍寿司友のコメンテーターばかりのこの頃、本当に情けなかった。

 ネット上を探すとこの場面の動画が出ているので見ることが出来る。
 ユーチューブ上にも投稿されていた。
 まだの方は、ぜひ見てください。

 ユーチューブで、「報道ステーション 井上達夫 東大教授」で検索すると出てきます。
 
 折しも、北朝鮮へのアメリカの攻撃を期待するためか、自民党は、日本も相手基地への先制攻撃も可能にするよう首相に求めたと他のニュースでやっていた。

 どうしてこう愚かな考えがまかり通るのだろう。
 北朝鮮との戦争など起これば、かつての「朝鮮戦争」の様な特需でも起こって日本は関係なく儲かるだけだ、とも自民党の議員は思っているだけなのだろうか?

 その、井上教授の話によると、アメリカが北朝鮮に攻撃を仕掛ければ、北朝鮮は日本の米軍基地に反撃してくるが、アメリカといえどもそれ(移動式のミサイル)を一気に阻止できる力は無い、と言っていた。
 まして、米軍基地だけにうまく命中するような精度も無いミサイルが日本に打ち込まれて来たり、もし、北朝鮮が戦時中の日本のようにヤケクソで原発をねらってきたら日本は全滅だ。ミサイルがだめならテロ攻撃だって出来ない事はない。

 北朝鮮は、移動式のミサイルがあるのだから、北朝鮮の基地攻撃の前に、まず原発を即時停止して、使用済み核燃料を半地下保存する事を考える方が、国防上先でしょう。

 ネット上には、
4野党:東京新聞「"原発ゼロ目指す"次期衆院選へ共通見解,民進、共産、自由、社民の野党4党は5日市民グループ「市民連合」と会合、次期衆院選の公約巡り「原発ゼロを目指す」等共通見解をまとめた。憲法9条の改悪阻止や安保関連法の白紙撤回、就学前から大学までの原則教育無償化なども明記」』
 とあった。

 「バカは死ななきゃ治らない」訳だから、兎に角、何を正論を言っても取り合わない、森友問題のようなミエミエの事すら、誤魔化してしまう、自分のやりたいようにやる、「日本会議政権」「北朝鮮的な自公多数決政治」をとにかく今すぐ止めさせないとだめと分かったのだから。これが一番重要な事だ。
 トランプの巻き添えを食らって日本をほろぼさないためにも、何とか国会の与野党逆転が必要だ。

 共産党と組むなら民主党を出る、という長嶋議員も出てきたが、そうやって、民主党もスッキリさせ、国民に分かりやすい対抗軸の選択肢を提供すべきである。



月別リンク

報道ステーション 東大法学部井上教授のコメントがスッキリ分かる 上小30山のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる