上小30山のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国営放送NHKとすると・・・

<<   作成日時 : 2017/04/19 08:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

  この頃、NHKは、中国や北朝鮮並みの「国営放送」になってしまった、という事が言われている。本当に国営放送風であるなら、国からのメッセージがそこに忍ばされているのだろうか?

  昨晩、テレビ番組を見ていたら、NHK・BSでトランプ大統領についてのこの番組をやっていた。ただし時間は、今日の午前0時ころから始まるもので、おそらく見る人は少なかっただろう。
 しかし、折しもペンス副大統領が来日している時である。
 この番組は、以前放送された物の再放送である。

 トランプ大統領のドキュメンタリー番組
http://js30.at.webry.info/201702/article_1.html

 今朝のNHKニュースを見ると、北朝鮮は終戦時に大勢の日本人が亡くなった場所を日本の報道陣に公開し、ここへの参拝や遺骨収集などには前向きに対応する姿勢をアピールした。

 この二つの「信号」は、何を意味しているのだろう?

 北朝鮮は、何といっても日本と戦争などする気はなく、次第に貿易などしていきたい、というシグナルであろうし、日本もトランプ大統領の事は分かっている。本気で彼の言いなりになっている訳ではないんですよ、というメッセージを北朝鮮に発信しているのだろうか?
 
 お互いに戦争など口で言っているだけですよ、ということを示しあっている、・・のならいいのですが・・。

 分からない事である。



月別リンク

国営放送NHKとすると・・・ 上小30山のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる