上小30山のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の科学凋落の危機

<<   作成日時 : 2017/03/24 08:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨日の朝のNHKニュースでイギリスの雑誌「Natuer」が日本の科学論文の数が減って来たという事や、論文数の一番多いアメリカへの留学数が非常に少なくなってきた、世界でトップクラスの日本の科学が凋落傾向、という特集をしたような内容をやっていた。

 大学への予算が減らされたりしている現状も言われていた。最近、軍事研究へは、大きな予算が用意されたりしている事も思い出された。

 何といっても、日本がすべてにわたって劣化している感じだ。

 一国の首相が子供でも分かる様なウソを言って、それが正しい事(事実)になっているような、北朝鮮のような国で、『科学的な思考』が発達する訳が無い。

 ここらへんで、一回、きちんと敗戦の時のように、基礎にたちかえって0からやりなおすつもりで出発した方がいいのではないか。
 先日の幸福度の発表では無いが、「もう一度世界一を目指す」などというような誇大妄想はやめて、北欧のような国を目指すべきだ。

 昨晩の夜中に、NHKのテレビ解説をやっていて、安倍一強体制が今回の様な事件を引き起こしたのではないか、という国民の疑問が高まっている。解明が望まれる、と解説委員が語っていた。
 本当にここが正念場だ。

 こんな初歩的な疑問すら解明されず、将軍様政治のような事がまかり通るようなら、国民は、夢も希望も無く、科学はじめ、すべての分野に渡って日本は凋落していくだろう。

 

 

月別リンク

日本の科学凋落の危機 上小30山のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる